シャンプーで脂汚れを落とす仕組み

ここでは、シャンプーの主な役割の一つである「脂汚れを落とす仕組み」について解説しています。

そもそも毛髪や頭皮に付着している埃や汚れは水やお湯だけで殆ど落とすことができます。それなのにわざわざシャンプーや石鹸を使って毛髪・頭皮を洗う理由は何なのでしょうか。

余分な皮脂を落とすのがシャンプーの役割

シャンプーには、毛髪や頭皮に付着している埃や汚れ、汗だけではなく、余分な皮脂を落とす役割があります。

ご存じのように水やお湯だけだと皮脂は簡単には洗い流せません。水と油(脂)は反発しあって混ざり合わないためです。シャンプーで脂汚れを落とす仕組み

この水と油が反発しあう性質を解決して皮脂汚れを洗い流す成分を配合しているのがシャンプーです。

シャンプーで脂汚れを落とす仕組み

シャンプーには、水と油が反発しあう性質を解決して脂汚れを落とす成分として界面活性剤というものを配合しています。

界面活性剤は、水と油のように混じり合わないものを混ぜ合わせる働きがあり、シャンプー以外にも洗濯用洗剤や食器用洗剤にも配合されています。

界面活性剤には、
・乳化作用
浸透作用
分散作用
などがありますが、脂汚れはこのうちの乳化作用を利用して除去されます。

この界面活性剤は、
・油に馴染む「親油基(シンキユ)」と
・水に馴染む「親水基(シンスイキ)」
の二つの分子を持っており、親油基が皮脂を掴み、親水基が水を掴むことで皮脂汚れを引っ張り下ろす役割を果たします。

この作用を乳化作用といいます。

親油基と親水基

つまり、親油基が脂汚れに結合し、親水基が水に結合すると、脂が、強い水の力で徐々に剥がされていき、親油基はさらに剥がされた頭皮と脂汚れの間に入り込み、頭皮から油汚れを引き離していきます。

こうやって、界面活性剤で包み込まれた頭皮や髪の毛から剥がされた皮脂汚れは、シャワーの水(お湯)とともに流されていきます。

皮脂の落とし過ぎには注意

皮脂はベタつきや頭皮臭などの原因になるとして何かと悪者扱いされ、一昔前までは、皮脂は根こそぎ落とすことが良いこととされてきました。

しかし、近年は皮脂には頭皮環境を健全な状態に保つ重要な役割があるとして皮脂を過剰に落とし過ぎない、程よい洗浄力のあるシャンプーが求められるようになってきました。

皮脂の役割

皮脂には頭皮環境を健全な状態にする重要な役割があります。

皮脂は、汗と混ざって皮膚の表面を覆う皮脂膜を作り、セラミドや天然保湿因子とともに頭皮のバリア機能を果たし、細菌やウィルス、紫外線などの外部の刺激から皮膚や毛髪を保護したり、頭皮内の水分を保持する働きがあります。

頭皮の構造

従って、この皮脂を根こそぎ落としてしまうと健全な頭皮環境の維持に支障をきたしてしまいかねません。

界面活性剤には、
高級アルコール系
アミノ酸系
石鹸系
といった種類がありますが、特に、高級アルコール系洗浄成分を配合したシャンプーは、脂との吸着力(洗浄力)が強すぎるといった傾向があるため、皮脂を必要以上に落としてしまう傾向があります。

近年のヘアケアブームでこれらの成分を配合したシャンプーが敬遠されるのは、皮脂を落とし過ぎる傾向があるためです。

スーパーやドラッグストアなどで市販されている安価なシャンプーの多くはこの高級アルコール系の洗浄成分を配合したシャンプーなので頭皮環境や育毛を考える場合は注意しなければなりません。

これに対して、アミノ酸系洗浄成分と言われる界面活性剤を配合したシャンプーは、洗浄力が控えめで保湿因子との相性もよく、程よく皮脂や保湿因子を残しながら優しく洗い上げることができます。

このような観点から近年ブームである育毛シャンプー、スカルプケアシャンプーといったものは、男性用・女性用を問わず、殆どが程よい洗浄力のあるアミノ酸系洗浄成分を使用したシャンプーが主流となっています。

参考:男性におすすめの育毛シャンプー

参考:女性におすすめの育毛シャンプー



PAGE TOP ↑