産後の抜け毛(薄毛)対策

ここでは、出産後に起こる抜け毛の原因とその対策について解説します。

産後に抜け毛が起こる原因

女性特有の産後の抜け毛は、出産後、一時的に髪が抜ける脱毛症で産後脱毛症とも呼ばれており、出産経験者の約7割が経験すると言われています。

産後の抜け毛の主な原因としては、主に次のようなものが考えられています。

①女性ホルモンの変化によるもの
②出産後のストレス
③出産後の過度なダイエット

女性ホルモンの変化によるもの

産後脱毛症の原因の大半が女性ホルモンの変化によるものです。

主な女性ホルモンに、卵巣から分泌される
卵胞ホルモン(エストロゲン)
黄体ホルモン(プロゲステロン)
の2種類があります。

妊娠していない間はこの2つの女性ホルモンがバランスよくい働いていますが妊娠すると妊娠を維持するためにこれらの女性ホルモンの分泌量が増えていきます。

女性ホルモンは、ヘアサイクルの中で髪が成長していく成長期の期間を延長する働きがあるため妊娠期間中は抜け毛が抑えられます。

そして、出産が終わると女性ホルモンの役割が終わり、通常の状態に戻そうと女性ホルモンが急激に減少し、抑えられていた抜け毛が発生します。

つまり、産後脱毛症は、この女性ホルモンが短期間で一気に減少することで引き起こされます。妊娠期間中は、女性ホルモン増加の影響でヘアサイクル(毛周期)が休止期にさしかかろうとする動きを抑制するため、髪の毛の寿命が長くなりますが、出産後は、ホルモンのバランスが一気に通常の状態に戻るため、妊娠中に抜けるはずだった髪が一気に抜け落ちるということです。

出産後のストレス

出産後は、赤ちゃん中心の生活となり、出産前とは生活リズムが大きく変わってしまいます。睡眠不足や子育ての疲労などが原因で体力的にも精神的にも大きなストレスを受けることになり、ホルモンのバランスや体内の血流へ影響を与えてしまいます。

女性ホルモン分泌の減少と出産後のストレスの影響で抜け毛を増幅させてしまう場合があります。

出産後の過度なダイエット

妊娠中に増加した体重を落とそうと過度なダイエットをした場合も抜け毛の原因となる場合があります。必要な栄養分が不足するだけでなくホルモンのバランスを崩してしまう場合があるからです。

産後の抜け毛対策

出産後の抜け毛は、ホルモンバランスの変化に伴う一時的なものが殆どですので時間(半年から1年)とともに回復する場合が殆どです。

従って、あまり神経質になる必要はありませんが、しばらくは育児ストレスが続きますので、生活リズムを整えたり、こと抜け毛に関しては育毛ケアに努めることが大切です。

早く元通りに復活したい場合は、育毛に必要なカルシウムやビタミン、タンパク質を積極的に摂ったり女性用の育毛剤女性用の育毛シャンプー、育毛サプリメントなどを活用するのも効果的です。

特に最近は、女性の産後の脱毛症専用と言われている育毛剤もあります。

また、大豆製品を積極的に摂取するのがおすすめです。大豆製品には、女性ホルモンの一つエストロゲンと似た働きをするイソフラボンが多く含まれていますので、抜け毛の改善につながります。

関連記事

フケと抜け毛・薄毛の関係

ここでは、フケの種類とその予防と対策について解説します。 フケの種類 フケには、大きくサラサラと

記事を読む

薄毛(ハゲ)と遺伝の関係

薄毛(ハゲ)は遺伝するのでしょうか。ここでは、薄毛(ハゲ)と遺伝との関係について解説します。 薄毛

記事を読む

生え際に効果が期待できる育毛剤

ここでは、生え際の薄毛対策として効果が期待できる育毛剤を紹介しています。 AGA(男性型脱毛症)の

記事を読む

整髪料と薄毛・細毛

ここでは、整髪料が薄毛・細毛に与える影響について解説します。 整髪料と薄毛・細毛の関係

記事を読む

後頭部・側頭部が禿げない理由

ここでは、後頭部や側頭部が禿げない理由について解説しています。 同じ髪の毛なのに、禿げていくの

記事を読む


PAGE TOP ↑