医薬品扱いの育毛剤

医薬品扱いの育毛剤

育毛剤には、医薬品、医薬部外品、化粧品扱いのものがあります。何となく気にかけているものの、正しく理解して購入している人も多くないと思います。

ここでは、医薬品の定義や医薬品扱いの育毛剤などについて解説しています。

医薬品とは

医薬品は、主に病気の診断や治療、予防に使用することを目的としたもので国が定めた日本薬局方に収められているいるものと定義されています。

医薬品は、医療用医薬品一般用医薬品とに分類されます。

医療用医薬品

医療用医薬品は病院や診療所などで、医師が診断して発行する処方せんに基づいて、薬剤師が調剤して渡される薬(処方薬)です。

医療従事者の指示に基づいて使われますので、効果が期待できる半面、副作用にも注意が必要です。

育毛剤では、AGA治療薬として有名なプロペシア(成分名:フィナステリド)がこれにあたります。

一般用医薬品

一般用医薬品は、医療用医薬品として取扱われる医薬品以外の医薬品をいい、処方箋がなくても薬局や薬店で薬剤師等のアドバイスのもと自らの判断で購入することができる医薬品です。OTC医薬品とも言われています。

自らの判断で使用できるため、安全性が重視されています。

一般用医薬品(OTC医薬品)は、成分などにより、
要指導医薬品
第1類医薬品
第2類医薬品
第3類医薬品
に分類されます。

要指導医薬品とは、一般用医薬品になって間もない医薬品でその取り扱いに十分注意を要するもので、副作用等のリスクが高いとされるものです。

インターネット等で販売・購入することはできず、店舗で購入する場合も薬剤師から対面での指導・書面での情報提供を受ける必要があります。また、本人以外は家族でも購入ができないなど厳しく管理されています。

第1類医薬品とは、副作用、相互作用などの項目で安全性上、特に注意を要するものです。要指導医薬品同様、購入する場合は、薬剤師から対面での指導・書面での情報提供を受ける必要があります。

発毛剤リアップ(成分名:ミノキシジル)が第1類医薬品に該当します。その他にもロキソニンやガスター10などがこれに該当します。

第一類医薬品は、インターネット等でも販売・購入することができますが、担当薬剤師による適正使用の確認が完了してからの商品発送となります。薬剤師が適正使用でないと判断した場合には注文をキャンセルとなる場合もあります。

第2類医薬品は、副作用、相互作用などの項目で安全性上、注意を要するものです。薬剤師または登録販売者が販売することができ、購入者に対する情報提供の義務はありませんが、情報提供に努める努力義務があります。

育毛剤カロヤンSが第2類医薬品に該当します。その他では、風邪薬や解熱剤、漢方薬などがこれに該当します。

第2類医薬品のうち、特別の注意を要するものとして厚生労働大臣が指定するものを特に指定第2類医薬品といいます。

第3類医薬品は、副作用、相互作用などの項目で第一類医薬品や第二類医薬品に相当するもの以外の一般用医薬品で、第一類や第二類医薬品に比べて副作用等のリスクが比較的低い医薬品です。

カロヤンアポジカやカロヤンプログレなどが第3類医薬品に該当します。その他では、整腸剤やシップなどがこれに該当します。

医薬品の分類 効果と
リスク
販売 ネット販売
医療用医薬品 非常に高い 薬剤師 不可
一般用医薬品 要指導医薬品 高い
第一類医薬品 高い
第二類医薬品 薬剤師 or
登録販売者
第三類医薬品 低い

医薬品売場では医薬品の分類ごとに陳列・販売場所にルールが設けられており、要指導医薬品と第1類医薬品については陳列と購入場所が薬剤師のいるカウンター周りに限られています。

医薬部外品とは

医薬部外品とは、効果や効能が確認されているものの、あくまで予防の範囲に収まる程度のもの、人体に対する作用が緩和なものとされています。

医薬部外品として申請して認められた育毛剤は、「薬用〇〇」「育毛剤」などと表記することが可能になり、効果効能を謳うことが認められます。

化粧品とは

化粧品とは、医薬部外品と比較してさらに効能・効果が緩和なものです。一般的に副作用のリスクも低くなります。

2001年の規制緩和で厚生労働省の許認可が不要となり、使用が禁止されている成分を除きメーカーの責任において自由に成分を配合できるようになりました。

医薬品扱いの育毛剤

このように、医薬品扱いの育毛剤は、国から発毛・育毛・抜け毛予防などの効果・効能が認められた成分を配合しているため、一定の効果が期待できます。

その反面、厚生労働省が定めた成分を決められた制限内の配合量で配合しなければならないなどの厳密な規制があるため、近年、育毛効果が期待できる成分として話題になっている成長因子やキャピキシルといった成分は配合できません。

そのため、これらを配合した育毛剤は化粧品扱いとして販売されます。

化粧品扱いとして開発すれば、効果・効能の表記や薬用や育毛剤といった表記はできない反面、配合成分や配合量といった規制にしばられることなく多種多様な成分を高濃度に配合することができるので、近年は化粧品扱いの育毛剤も増えてきています。

本来であれば効果が期待できる順番として、医薬品 > 医薬部外品 > 化粧品との図式が成り立ちますが、このような事情もzり、化粧品扱いの育毛剤も効果が期待できるものが出てきています。

おすすめ育毛剤ランキング 男性用

おすすめ育毛剤ランキング 女性用



関連記事

育毛剤の副作用

ここでは、育毛剤使用時の副作用について解説しています。 育毛剤使用時の主な副作用 育毛剤

記事を読む

フィナステリドの効果と副作用

ここでは、フィナステリドの効果と副作用について解説しています。 フィナステリドとは フィナステリ

記事を読む

生え際の後退に効く育毛剤

ここでは、生え際の後退に効果が期待できる育毛剤を紹介しています。 AGA(男性型脱毛症)の症状

記事を読む

ミューノアージュの特徴と口コミ

ミューノアージュは、医師との共同開発で生まれた女性用育毛剤です。育毛剤としては珍しく、パーマ

記事を読む

リジュンの特徴と口コミ

リジュンは、話題の成分、フルボ酸と次世代のヘアケア成分と言われているリデンシルを配合した女性

記事を読む

育毛剤と発毛剤、養毛剤の違い

ここでは、日頃何気なく使っている育毛剤と発毛剤の違いについて解説します。 育毛剤と発毛剤、養毛剤の

記事を読む

PAGE TOP ↑