フィナステリドの効果と副作用

ここでは、フィナステリドの効果と副作用について解説しています。

フィナステリドとは

フィナステリドは、米国の製薬会社であるメルク社が開発した抗アンドロゲン剤(男性ホルモンの働きを抑制する治療薬)です。メキシコに自生するノコギリヤシという植物の薬効成分を研究してできた化学合成品です。

もともとは、前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された成分ですが、後に発毛効果が確認され、AGA治療薬プロペシアという商品名で販売されるようになりました。現在は世界60か国以上でAGA治療薬として承認されています。

プロペシアは、日本でも、MSD株式会社(旧:万有製薬)が臨床試験を行った後、厚生労働省の認可を得て2005年12月から国内で初めてのAGA治療薬として販売開始されています。

フィナステリド(内服)は、日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版でも、男性型脱毛症にはミノキシジルとともに推奨度A(行うよう強く勧める)にランク付けされています。

尚、女性については、その有効性が認められていないため、推奨度はD(行うべきでない)にランクされていることに注意を要します。


参考:日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版

フィナステリドの効果

AGA(男性型脱毛症)の主な原因物質はDHT(ジヒドロテストステロン)です。

DHTは5αリダクターゼによってテストステロンが変換され生成されます。このDHTが毛乳頭細胞に存在するアンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)と結合すると、成長期にある毛髪に対して脱毛指令が出されます。

その結果、成長期にある毛髪は、退行期・休止期にシフトしてしまい、退行期の細い毛髪が増えたり、やがて抜け落ちてしまい、薄毛になってしまいます。

脱毛の仕組み

フィナステリドの作用

このAGAの流れに対してフィナステリドは以下の働きでAGAを抑制します。

5αリダクターゼを阻害

フィナステリドは、AGAの原因であるDHTを生成するのに必要不可欠な5αリダクターゼ(Ⅱ型)という酵素を阻害することでDHTの生成を抑制します。

服用したフィナステリドは、血液を通して体内を巡り、頭皮の毛乳頭細胞に存在する5αリダクターゼの活性を抑制します。その結果、生成されるDHTの量が減少し、脱毛指令も減少するという訳です。

これにより毛髪の成長期を延長させ、抜け毛を抑制することができます。

国内の臨床試験ではプロペシア1mgの投与(服用)
1年間で58%
・2年間で68%
・3年間で78%
の改善効果
が認められており、長期間投与(服用)で効果が高くなる傾向を見せています。
参考:プロペシア錠の臨床効果(浜松町第一クリニック)

参考:フィナステリド(プロペシア)は女性にも効果があるのか

フィナステリドの副作用

プラセボ(効果のない偽薬)を混ぜた長期に渡る臨床試験では、発現率は低いものの以下のような副作用のリスクが確認されたとされています。

性欲減退
勃起障害(ED)
射精障害
精液減少
うつ
肝機能障害

いずれも発生率は1%前後とそれほど高くはないものの(肝機能障害については、もともとの肝機能の状態に左右されるため発症率不明)、これらの症状ががあらわれた場合は、服用を中止したり医療機関に相談することをおすすめします。

肝機能障害など重篤な症状の可能性もありますので、定期的に血液検査などを受けて、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPなどの値を注視しておくことをおすすめします。

ミノキシジルで多くみられる初期脱毛ですが、フィナステリドは抜け毛を抑える働きが中心のため初期脱毛は起こりにくいと考えられています。

尚、フィナステリドは、ミノキシジルと同じくAGAの根本を治療する薬ではありません。服用を止めると毛髪の状態が元に戻ってしまうため、長期服用となる可能性がある薬です。

長期の服用でこれらの副作用のリスクはさらに高くなると考えられるので十分注意する必要があります。

フィナステリド取扱い時の注意点

フィナステリドは、男性胎児の生殖器官の発育に影響を及ぼす可能性があると言われていることから、妊娠している可能性がある女性や妊婦、授乳中の人は服用は禁止されています。

また、フィナステリド服用中は血中にその成分が含まれるため、献血はNGです。献血した血液が女性に使われる場合があるためです。献血をする場合は、最低1ヶ月は服用を中断したほうが良いとされています。

フィナステリドと類似した働きを持つ成分

フィナステリドにはAGAに対して優れた効果がありますが、副作用も懸念されることから類似した働きを持つ天然の成分に人気が出てきています。

フィナステリドと同じく脱毛酵素5αリダクターゼの働きを抑制する成分として期待されている成分が、
・亜鉛
・ノコギリヤシ
・イソフラボン
・オウゴンエキス
・ヒオウギエキス
・ダイズエキス
・プラセンタ
などです。これらの成分は、市販の育毛剤や育毛サプリメントの育毛成分として配合されています。

5αリダクターゼの働きを抑制する成分

5αリダクターゼの抑制が期待できる男性用育毛剤



関連記事

ザ・スカルプ5.0cの評価

ザスカルプ5.0cは、ミノキシジルの約3倍の有用性を持つと話題になっている成分「キャピキシル」を最高

記事を読む

育毛サプリメント ランキング

ここでは、育毛効果が期待できる成分を配合している育毛サプリメントをランキング形式で紹介してい

記事を読む

プロペシアは女性の薄毛にも効果があるのか

プロペシアは、米国の製薬会社であるメルク社が開発した男性用の薄毛治療薬です。日本のAGAクリ

記事を読む

リジュンの特徴と口コミ

リジュンは、話題の成分、フルボ酸と次世代のヘアケア成分と言われているリデンシルを配合した女性

記事を読む

バルジ領域を活性化する育毛剤

ここでは、髪の毛の製造に深い関わりを持つと言われているバルジ領域を活性化して発毛・育毛を促進

記事を読む

ポリピュアEXの評価

ポリピュアEXは、「ブッサブサ~」というテレビのCMでもお馴染みの育毛剤です。販売本数400

記事を読む

PAGE TOP ↑