薄毛の原因物質5αリダクターゼ

ここでは、薄毛の原因物質と言われている5αリダクターゼについて解説します。

5αリダクターゼとは?

5αリダクターゼ(酵素)は、人体に存在する酵素の一種です。

男性型脱毛症(AGA)の原因物質でもあることがわかってます。

男性の場合、主に睾丸で男性ホルモン(テストステロン)が造られています。

テストステロンは、血液中を通って頭皮内にたどり着き、毛乳頭に存在する5αリダクターゼという酵素と結び付いて、より強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストロン)に変化します。

DHT(ジヒドロテストステロン)はさらに毛乳頭に存在するアンドロゲンレセプターという受容体と結合して毛母細胞へ髪の毛を成長させないよう脱毛指令(TGF-β)を出します。

この作用が脱毛の原因となります。

5αリダクターゼの作用メカニズム

5αリダクターゼ(酵素)には、
Ⅰ型5αリダクターゼ
Ⅱ型5αリダクターゼ
の2種類のタイプがあります。

頭皮においては、
Ⅰ型5αリダクターゼは、皮脂腺に多く存在し、
Ⅱ型5αリダクターゼは、前頭部や頭頂部などの毛乳頭に多く存在する
ことがわかっています。

最近の研究では、AGA(男性型脱毛症)は、「Ⅱ型5αリダクターゼ」の影響を強く受けていると考えられていることからも、前頭部や頭頂部から抜け毛や薄毛が進行するのも頷けます。

・5αリダクターゼを過剰につくりだす体質及び
・アンドロゲンレセプターの感受性の強さ
は、遺伝性があり、これらの体質を両親から受け継いでしまった場合は、AGAを発症しやすいと考えられています。

このことからも、男性型脱毛症(AGA)対策としては、
Ⅱ型5αリダクターゼの働きを抑制してDHTの生成を抑制すること
男性ホルモンレセプターの活動を阻害して流れを断ち切ること
脱毛因子「TGF-β」 の活動を抑制すること
毛乳頭が出す脱毛サイン物質を抑制すること
という観点から育毛剤や育毛サプリメントなどの開発や研究が進んでいます。

尚、最近話題になっているキャピキシルに含まれるビオカニンAという成分や、ノコギリヤシ(ソーパルメット)には、Ⅱ型の5αリダクターゼのみならずⅠ型の5αリダクターゼも阻害する働きがあることがわかってきています。

AGA対策成分は、主に男性用の育毛剤にも配合されるほか、最近では男性用の育毛シャンプー育毛サプリメントにも配合されているものが増えてきました。

関連記事

育毛・発毛・増毛・植毛とは?

ここでは、育毛、発毛、増毛、植毛の違いとそれぞれの内容を解説します。 育毛 育毛とはその名の通り

記事を読む

脱毛因子「TGF-β」

ここでは、脱毛因子「TGF-β」について解説します。 脱毛因子「TGF-β」とは TGFは、Tr

記事を読む

界面活性剤とは

シャンプーや洗濯用洗剤などに配合されている界面活性剤。その種類や特徴・役割を解説します。 界面活性

記事を読む

DHT(ジヒドロテストステロン)とは?

ここでは、特に男性の抜け毛・薄毛の元凶と言われるDHTについて解説します。 DHT(ジヒドロテスト

記事を読む


PAGE TOP ↑